診療のご案内

こころのケアへの取り組み方

こころの問題?

「最近、気持ちが晴れない」「不安感がおさまらない」「対人関係で悩むことが多い」「つい過食してしまう」「悪いと知りながら子どもにきつく当たってしまう」「生きてくのがつらいと感じる」・・・こんなお悩みは時々、だれでも経験するものでしょう。

ではどうしますか?

ある調査では、こうした時に半数の人は友人や職場の同僚に相談していました。医療の専門家に診てもらう人は10分の1ほどでした。でも、できればメンタルヘルスの専門家に詳しく話を聞いてほしいと思う方も多いと思います。

いまの治療に不満はありませんか?

最近は「心療内科」「メンタルヘルス・クリニック」「精神科」といった診療所は多数あります。でも時に、こうした診療所でのサービスに不満を持たれる方も少なくありません。「診察が15分もない」「ゆっくり話ができない」「悪い状態が続くとすぐ薬が増える」といった不満が多いようです。

こころの診療科 きたむら醫院では何ができるの?

当院ではすべての診療を予約制で行います。待ち時間はほとんどありません。
診察は1回60分。週1回が原則です。担当医と担当看護師が面接をさせていただきます。初回から2回ほどでアセスメントを行い、以降の見込みと治療方針をきめます。診断・検査・治療・見通しについては細かく説明し、患者様のご希望を最優先として治療をおこないます。必要に応じて必要最小限の薬物も処方しますが、これも患者様のご希望を優先します。
こころの問題はこれまでの生活史とお人柄(パーソナリティ)の理解なしはおこなわれません。そのためには、まずはゆっくりお話を伺うことからはじめます。さらに国際的に認められているパーソナリティ・テストを実施し、その結果をご説明し、治療に役立てます。
当院の治療は医学的エビデンスと患者様の価値観の両方を尊重した医療といえます。

診療の流れ

診療の流れを分かりやすく動画でまとめました。